脂肪注入の豊胸は自然に見えるけど・・・

 

脂肪注入は、自分の体から吸引した脂肪を使うため不自然な形やハリになることも少ないようです。
左右のバストのバランスを整えるのにも最適な方法のようですね。

 

またシリコンバッグの挿入やヒアルロン酸の注入と違って触り心地も自然な仕上がりになることも魅力の一です。
施術後は多少硬くなってしまう場合もあるようですが、だいたい1か月程度で柔らかくなっていくようです。
見た目、触り心地ともに違和感がなく、自然な仕上がりに満足している人が非常に多い豊胸法と言えます。

 

脂肪注入は痛みが強い!?

 

施術や施術後の痛みには個人差があるようです。
施術時は麻酔でほとんど痛みがないようですが、
麻酔が切れた後は鈍痛や筋肉痛程度の痛みという人もいる反面、
痛み止めの薬なしでは動けないという人もいました。

 

特に痛みはバストではなく脂肪を吸引した箇所に多いようです。
吸引する箇所や量によって違いが出てくると思われます。

 

手術失敗のリスクもある

 

たしかに、脂肪注入は自然な仕上がりになり、
施術した人の満足度も全体的に高いです。
周りの人にバレることなくバストアップができるのも魅力です。

 

ですが、失敗することも稀にあります。

 

脂肪を吸引したところがデコボコになってしまったり、
脂肪がうまく胸に定着せずにしこりになってしまったという人もいます…。

 

脂肪注入の豊胸も失敗のリスクがないわけではありません。
よく考えてから決めるようにしてください。