ヒアルロン酸の豊胸は自然に見えるけど・・・

 

豊胸術の中でも費用も安く手軽にできるヒアルロン酸注入は人気が高いようですね。
ダウンタイムも短く痛みもほとんどないことから日常生活に影響が出ないのも魅力の一つのようです。

 

ヒアルロン酸の豊胸は脇やアンダーバストから注射針でヒアルロン酸を注入していきます。
そのため傷口も2〜3mm程度の注射針の跡だけで目立つこともありません。

 

ヒアルロン酸注入はいろいろな豊胸術の中でも自然な仕上がりになると言われており、
いびつな形になったり左右の大きさが違ったりなど不自然なバストになることも少ないようです。

 

注入できる量にも限度があり、大きくなっても1カップ程度なので
不自然に大きくなることもなく周りにもバレにくいというメリットがあります。
また1年〜1年半かけてヒアルロン酸が徐々に溶けていくことで
元に戻るときや戻ったあとも自然な形になります。

 

ヒアルロン酸は触り心地が悪い!?

 

形の他に大事なのが触り心地ですよね。

 

ヒアルロン酸は胸の中で硬くなる性質があります。
そのためもともと胸が小さく脂肪に厚みがない人は
触った時にヒアルロン酸の硬さがダイレクトに伝わってしまう可能性があります。
(ある程度胸の厚みがある人なら触り心地も豊胸する前とほとんど変わらないようですが。)

 

万が一、彼氏に胸を触られた時に違和感を感じられ、
「もしかして豊胸してる?」と疑われたら最悪ですよね。

 

やはり、そこは人工的に胸を大きくしているわけですから、
何らかの不自然さはあって当然です。

 

また、触り心地が悪いだけでではなく、
後遺症の問題もあります。
ヒアルロン酸の豊胸の後遺症としては、
ヒアルロン酸がうまく溶けきれず胸に残りしこりとなってしまう場合があります。

 

私だったら、いくら自然な形に仕上がるとはいえ、
リスクが怖いのでやりません。

 

手術の前によく考えてみてください。