豊胸手術の後遺症問題を真剣に考える

 

バストアップで即効性があるのはやはり豊胸手術ですが、
手術はさまざまなリスクを伴います。
どんな症状が出てしまうのか、主な後遺症について説明していきます。

 

シリコンバッグ挿入後の後遺症

 

シリコンバッグ挿入は豊胸術の中でも大がかりな手術になり回復にも時間がかかりますが、
他の方法と違って半永久的に効果が持続するのが特徴になります。

 

ただシリコンバッグは人の手によって作られたものです。
そのため体が異物と判断してしまうことがあり、
その場合バッグの周りに厚い膜が張って硬くなってしまったり不自然な形になってしまうことがあります。

 

また挿入したバッグがバストの検診の妨げとなり、
乳がんなどの発見が遅れてしまう可能性があります。

 

脂肪注入の後遺症

 

自分の脂肪を注入するためシリコンバッグよりリスクは少ないと言えますが、
吸引した脂肪細胞もすべてうまく胸に定着できるわけではありません。
定着できなかった脂肪細胞は異物と判断されその周辺が硬くなってしまう場合があります。

 

また脂肪を吸引したところがデコボコになってしまい不自然になる場合もあります。

 

ヒアルロン酸注入の後遺症

 

ヒアルロン酸注入は注射だけの処置になりますので
手軽に受けることができてすぐにバストアップできます。

 

ただ持続力がなく時間が経つとヒアルロン酸は溶けてなくなり胸も元に戻ってしまいます。
その過程でうまく溶けきれなかったヒアルロン酸が硬くなり、しこりとなって残る場合があります。

 

手術は成功するとは限らない

 

すぐに胸を大きくしたいという人は豊胸手術を考えるかもしれませんが、
手術にはいろいろなリスクがつきものです。
上記のような後遺症が出てしまい再手術や治療になってしまった場合は
体に負担もかかり、さらに費用もかかってしまいます。

 

手術を受けたいと思っている人はそういったリスクを負う可能性があることを考えて、
慎重に判断することをおすすめします。